FPの家 屋根 かけ替え工事6(金沢市内)

2018-11-11

垂木がけが終わると次は構造用合板を施工していきます。強い面材を使って、屋根面全体が一体となって、地震や台風の力に抵抗します。

構造用合板の上に、次はエコヘルボードというものを施工していきます。これは防音効果を期待するもので、屋根に当たる雨音が家の中に響くのをやわらげてくれます。

ルーフィングまで施工できました。
これで屋根に雨がかかっても水が浸透していきません。これで屋根としては、一安心です。