堀本工務店のこだわり

快適に暮らせる本物の『高気密・高断熱』

今、世の中にはとにもかくにも『高気密・高断熱』を語るハウスメーカー、ビルダーが増えてきました。この状況は、建築をお考えの多くのお客様にとって、「何が本当なんだろう?」と分からなくなってしまう事態を招いております。
実は『高気密・高断熱』には、はっきりした定義はありません。世間一般で 言われている『高気密・高断熱』というのは、いわゆる次世代省エネルギー基準にもとづくもので、「H25年基準」「2020年基準」と呼ばれている ものです。しかし私共からみれば、この基準は義務化するための「最低基準」 と考えております。
444
※Q値、Ua値は、小さいほど熱を逃がしにくい事を表す数値(計算値)
※C値は、小さいほど家の隙間が少ない事を表す数値(実測値)

私共が推奨する『高気密・高断熱』の基準は、そのまま北海道で建てても快適に暮らせる家となります。それは決してオーバースペックなどではなく、快適かつ省エネで暮らせることにつながります。老後やエネルギー問題が発生した際にも、安心して住まい続けられる家を建てることにこだわっております。

100年たっても変わらない、本当の資産価値のある家づくり

北陸の暮らしは四季の変化に彩られ、夏は高温多湿で梅雨も長く、冬は氷点下になることもあり、大雪に悩まされる日もあります。その中で、快適で丈夫な家を作りたい。環境にも良い家でありたいと様々な工法や施工を勉強させていただきました。

そして家づくりで最も大切なのは、高気密・高断熱・計画換気です。

“うちも高気密・高断熱だけど、結露するしカビがある”と、聞いたことがあります。工法や施工のやり方で高気密・高断熱にも大きな違いがあるのです。あいまいな施工をする事で、シックハウスや家その物の寿命も短くなってしまいます。本当の高気密・高断熱・計画換気は数値で表すことができます。目で見えないものを確かな数値で表すことで安心していただけます。そして、健康で快適に暮らすことが、実現できるのです。

心地よい家に住まうと、家族は安心して、元気で仲良く暮らせます。嫌なことがあっても、家に帰るとホッとして日々の疲れを癒し、明日への活力を蓄えてくれます。しっかりとした家に包まれて、守られている事に勇気づけられます。人の営みは、丈夫で・安全な家に守られてこそ、続けられるからです。

子・孫の代までも受け継がれる資産価値のある家を、地球環境を考えながら、お客様と一緒に創っていきたいと、おもっております。

スタッフ紹介

代表取締役 堀本 範雄(1級建築士・1級建築施工管理技士)

スタッフ紹介星座:いて座
趣味特技:ゴルフ、ドライブ、小豆にはかなりのこだわり
資格:一級建築士、一級建築施工管理技士、気密測定技能者
CASBEE戸建評価員、ブロック診断士

家は買うものではなく、住まう方の思いや生活スタイルを考慮し、協力業者さん達の知恵と技により、お客様と一緒に創っていくものだと思います。住宅はたくさんのプロフェッショナル集団の力があってこそ成り立ちます。住まわれる方の暮らしを思い、つくり手の一生懸命な仕事が、良いものを創ります。たくさんの人とのかかわりの中で、切磋琢磨しながら、大切な家づくりに携わり、お客様にご満足頂ける事こそが、私の喜びであり使命だと思っております。

堀本 しのぶ(宅地建物取引主任者)

スタッフ紹介星座:ふたご座
趣味特技:ガーデニング、旅行、風水・占い
資格:宅地建物取引主任者、エクステリアプランナー2級

夢は何かと聞かれると“専業主婦”と答えながら、ずーっと兼業しています。子供達も社会人となり、金魚とガーデニング・野菜作りに育てる喜びを感じております。七年前に土地選びからスタートし、五年前に完成した自らの家づくりの経験が、お客様のお役に少しでもたてればと思っております。日々の暮らしの中で、大切な家づくりのお手伝いをさせて頂ける事が、しあわせだなぁと感じております。

髙杉 朋子

星座:うお座
趣味特技:特技:手芸、東野圭吾ミステリー
資格:二級建築士、宅地建物取引主任者、福祉住環境コーディネーター2級

現在1児の母として育児奮闘中です。
私自身、この会社でFPの家を建てさせていただきました。
いろいろなビルダーの家づくりを見ましたが、FPの断熱性能に勝るものはありません。
住宅性能もデザインにおいても、自分も住みたいと思うような家づくりをお客様と一緒にしたいという思いで日々研鑽して参ります。

家作りの資料請求