金沢市藤江南_気密テープ_耐震面材施工_高気密高断熱

2015-12-21

藤江_FPパネル気密テープ1FPパネルの建込みが終わると
次は外部に気密テープを貼っていきます
画像で柱の両側が反射している部分が
気密テープです

断熱をよくするだけでなく
気密をよくすることで、隙間風もなく室内の気温を保つ家になります


そして気密をよくすると大切になるのが、計画換気
家中の空気を常に循環させて、快適な室内環境を保ちます

藤江_FPパネル気密テープ2別アングルから

窓サイズ、位置もあらかじめ確定し
それに合わせて断熱パネルを設計します
今後の工程で、屋根・天井にも断熱・気密の施工をしていきます

家が断熱材ですっぽりくるまれるので、まるで魔法瓶のように室内の気温を保ちます

ちなみFPの家は、全棟気密測定を実施して家をお引渡します
平均値は0.4cm2/m2
サッシの隙間以外、ほとんど隙間はありません


藤江_ダイライト施工気密テープを貼り終わると、次は耐震面材を施工していきます

今回の物件では、
「地域型グリーン化事業」という
補助金を受けるため、耐震等級2を
クリアする必要があります
(長期優良住宅と同等)


地震や強風に耐える構造とするため
筋交いや写真の耐震面材を、構造計算に通りに施工

長期優良住宅は100年持つ構造と言われます
家族が長く安心して暮らすことができますね