高気密・高断熱の家

高気密・高断熱の専門店

当社では20年以上前からFP工法にほれ込み高気密高断熱の専門店として、『FPの家』をご提案をさせていただいています。
その理由としてFP工法が「高気密・高断熱のパイオニア」であり、最高峰の「気密性」「断熱性」を継続していることにあります。

業界最高峰の『高気密・高断熱』

1.「FPの家」の高性能断熱パネル

◎性能が違う

FPパネルは熱の伝えにくさNo.1
熱伝導率No1

世界最高レベルの素材!
FPの家の断熱材は耐水性、断熱性の優れ、住宅用建材の中でも極めて安全性に優れた硬質ウレタンフォームを使用。さらにFPの家の専用工場で世界最高レベルのオリジナル断熱材として、高い技術力と熟練の技で製造されます。さらに断熱材内部に一切、水分・湿気を入れない『独立気泡』も特徴です。

◎FPパネルは保温力 No.1
熱抵抗値No1
世界基準の保温性能!
FPの家専用に開発されたFPパネルは、高気密・高断熱住宅先進国であるヨーロッパの仕様と【同等の保温力】です。この確かな性能が本物の快適性や省エネ性を実現させたいあなたの期待を裏切りません。
熱抵抗値R[m²・K/W]=厚みd[m]÷熱伝導率 λ[W/(m・K)]

  

◎耐久性が違う

33

経年劣化しない耐久性
どの断熱材も例外なく施工後の構造内部で変形・収縮・沈下をおこす可能性があります。わずか数年で構造内部に隙間が生じ【気密の低下】が保温力そのものを低下させます。また大切な家を腐らせる壁体内結露の原因にも。
※壁の中でカビが発生したグラスウール

67
【木枠】と【高密度パネル】を25トンの高圧プレスで圧着し【一体成型】させる断熱パネルは、他社では真似のできない技術です。木枠(フレーム)が長期にわたり断熱材の劣化、変形、保温性能の低下を防ぎます。

◎保証が違う

54

2.数値であらわれる気密性能

◎全棟気密測定後にお引渡し

999
高断熱の家は、必ず気密をよくしなければ意味がありません。なぜなら、家に隙間があると、冬場ならそこから室内に冷気が侵入し、暖めた空気が外へ逃げていくからです。そして上から暖気が逃げ、下から冷気が侵入することで、『断熱はいいのに足元が寒い』家となるのです。
だから私共は、高気密高断熱にこだわり、必ず全棟気密測定を実施し、数値化して、住宅の性能を保証しております。

隙間相当面積 C値 平均値:0.45cm²/m²

3.快適に生活するためには24時間計画換気 『第3種換気』

気密をよくすると、室内の汚染空気(臭気、湿気)を排出する必要があります。そのために弊社では、コスト・施工・メンテナンスのバランスの良い『第3種計画換気』を採用。居室に嫌な臭いや湿気がこもらないよう、お住まいするご家族の人数も考慮しながら換気計算をします。窓辺で結露しないためにも、この計画換気は大切です。

高い省エネ性で環境にも優しく、経済的なオール電化住宅を実現

高断熱・高気密の「FPの家」はオール電化との相性が抜群。

オール電化で節電高性能の住まいだからこそオール電化を推奨。

安心で快適な暮らしを営むうえでますます注目を浴びているのが、暖房、給湯、調理など、家庭で使うすべてのエネルギーを電気でまかなうオール電化住宅です。ここ数年、新築住宅におけるオール電化の普及率は年々高まる傾向にあります。

しかし“オール電化”とひとくちに言っても、そのシステムや使われる機器類は地域や気候によってさまざまに異なります。また肝心のエネルギー効率も、住宅の性能によって大きく違っているのが現状です。オール電化で本当に快適な暮らしを営むためには、ランニングコスト(電気代)が安く済む“高性能住宅”であることが何よりの条件なのです。

ゼロエネルギー、100年住宅

100年先を見すえた資産価値になる家づくり。

100年住宅住宅が100年もつと、それだけで少なくとも家2棟分の木を伐採しなくてすむのです。また家が100年もつことで住居費は3分の1ですみ、次の世代は3分の1のリフォームで豊かに暮らすことができます。

注文住宅「FPの家」は「ゼロエネルギー、100年住宅」をコンセプトとした、人と地球にやさしい住まいづくりをめざしています。確かな耐久性をもつ、より寿命の長い住宅をつくることで、価値ある社会資産の形成と地球資源の保護に力強く貢献していくものです。

FPの家の構造

まるで魔法瓶のよう住まい。夏涼しく、冬暖かい。いつでも、どこでも、年中快適な理由。

屋根にはFP断熱パネル屋根にはFP断熱パネル 厚み105mm+通気層
・アルミ遮熱シートが天井からの輻射熱を大幅に抑えます。
・2層の通気層が対流の熱を奪い排熱させ、屋根の蓄熱を大幅カット!
・太陽熱の遮断により、小屋裏スペースの有効活用を可能にします。
・A種硬質ウレタンフォーム2種2号 熱伝導率0.024
天井天井にはセルロースファイバー 厚み300mm
・断熱性、防火性、調湿性、防虫性に優れ、小屋裏の熱気を遮断。
・吹込み施工で、隙間なく充填できるので、断熱ムラがありません。
・新聞紙をリサイクルした断熱材で、地球環境にもやさしいです。
・木質素材特有の調湿作用で、湿気による建物への負荷を軽減
         ・セルロースファイバー 熱伝導率0.040
壁にはFPウレタン断熱パネル壁にはFPウレタン断熱パネル 厚み105mm
・硬質ウレタンフォームによる高い断熱性能!
・耐水性・耐久性に優れ、経年劣化がほとんどありません。
・FPパネル自体の強度が、構造体と一体となって建物の耐震性を向上させます。
・A種硬質ウレタンフォーム2種2号 熱伝導率0.024
床にはFP床パネル床にはFP床パネル 厚み88mm+合板12mm
・パネルとウレタン一体型の強さで、荷重によるたわみの心配がありません。
・ウレタンの優れた断熱性と保湿性が床下からの冷気・湿気をシャットアウト!
・徹底した気密施工が、通年の自然なぬくもりを実現しています。
・A種硬質ウレタンフォーム2種2号 熱伝導率0.024
APW330サッシには樹脂サッシ Low-E遮熱ペアガラス
・断熱性、気密性、防音性に優れ、窓付近の結露を防止
・ガラス間の空気層は16mmで高断熱
・Low-Eペアガラスで、単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮
・樹脂フレームは、アルミの熱伝達の約1000分の1で結露を大幅削減
 
 

家作りの資料請求